生前から様々なメディアをにぎわせてきたトゥパックだが、
その死のインパクトはやはり大きく、
数々の雑誌や新聞がこぞって彼をとりあげた。
内容的にも素晴らしく、
様々な事を考えさせられる2誌をご覧いただきたい。

Introduction: The Day-7th Sep. 1966

NEWSWEEKTHE SOURCE





The Day-7th Sep. 1966
ラス・ヴェガスのMGMグランド・ホテルで開催されたマイク・タイソンとブルース・セルドンの試合を観戦した2パックを含むデス・ロウ一行。試合は午後8時39分、タイソンのKO勝ちで幕を閉じ、一行は8時45分に席を立つ。その際に1人の黒人男性との喧嘩騒ぎがあるものの、セキュリティによって沈静され大事には至らなかった。一行は8時55分に会場を後にし、2パックの滞在するホテル・ルクソールに立ち寄り、ダウンタウンの南東にあるシュグ・ナイト邸へ。その後ナイトのマンションから彼の経営するクラブ「662」へと10台もの車で向かう。出発した時間は不明。2パックはナイトと黒のBMW750に同乗していた。11時10分頃、ラス・ヴェガス通りにおいて、警察官に一旦停止の指示を受け、免許証の提示を求められる。免許証はトランクの中に入っていたが、チケットを切られるようなことはなかったという。11時15分。フラミンゴ・ロードのコヴァル・レーンとの交差点の近く。BMWの横(歩道側)に白のキャデラックが接近、車から飛び出してきた2人の男はBMWから10フィート離れた付近から拳銃を発射し、歩道側のシートに座っていた2パックは4発の弾丸を浴びる。彼は後部座席に逃げ移ろうとした際に銃撃された模様。ナイトは車をUターンさせラス・ヴェガス通りを左折するが、ハーモン・アヴェニューの交差点近くに差し掛かった辺りで車は止まってしまった。11時20分には20人もの警察官が現場に到着。救急車に収容された2パックとナイトは、11時30分に治療センターへと到着した・・・。





Copyright (C) 2Pac Japan.net - the unofficial Tupac Website. All Right Reserved.