ホームに戻る   記事一覧画面に戻る   レスを投稿   手引き


 ■-- Nu-Mixx Klazzics
 >>>PPG   -- 2004/08/12-15:14..No.[12]
   

Track List:
2 Of Amerikaz Most Wanted: Nu-Mixx, How Do You Want It: Nu-Mixx, Hail Mary: Nu-Mixx, Life Goes On: Nu-Mixx, All Eyez on Me: Nu-Mixx, Heartz of Men: Nu-Mixx, Toss It Up: Nu-Mixx, Hit Em Up: Nu-Mixx, Never Had A Friend Like Me: Nu-Mixx, Ambitionz Az a Ridah: Nu-Mixx
Death Row presents Never-Before released remixes of 2PAC's greatest hits!!
Record Company: Death Row Records/KOCH Records
Released: October 7th, 2003 (KOC-CD-9530)




>>> SGC   -- 2004/10/10-13:14..No.[27]
 
    「ジャケがあまりにも素敵+2Pacの名曲Remix」ってだけで、発売日に速攻買ったのを覚えています。
正直、これは一回聴いてお蔵入りにしちゃいました。
もう恐らく、二度と聴かないでしょう。コレクター商品で終わっちゃいそうな一枚。内容は期待しないほうがいいかも。
とにかく、強引な感じがした。無理やりRemixした感があって・・・いただけない。ちゃんと聴けば、良いのもあるんだろうが・・・オリジナルを何回も聴きこんで感動していた、俺のようなファンにとっては、これは<不可>になってしまうのかも。
Snoopの名前を消してみたり、最近のDeath Rowはなんか・・・インチキ。胡散臭い感じですなぁ。
このジャケにおけるPacのChill具合とは反して、天国でPacは怒っているかも・・・なんて思ったのは俺だけでしょうか?
 

>>> PPG   -- 2004/10/10-16:12..No.[28]
 
     2Pac周辺の権利については殆ど全てをしっかり抑えているAmaru/Interscopeの許可無しには、いくらDeath Row時代に遺されていた未発表音源とはいえ勝手にはリリースできないコトになっているわけで…苦肉の策としてDeath Row Recordsが放ったアルバムがRemix集だった。
 勿論2Pac本人が存命だった頃に作られたRemix Versionではなく、完全に新たなTrackで再構成したモノであって、出来映え如何によって大きく評価が左右する微妙な番外盤ということになる。
 とはいっても、往年のDeath Rowで職人技を誇った面々は殆ど離脱している時期だったために、Darren VegasやCarl "Butch" Small("California Love RMX"のPercussion担当)といった数少ない残留組がどれだけ頑張れるかがポイントだったと思うのだが…結果は聴いての通り。Death Rowが得意とした強烈なグルーヴを伴ったファンク臭は、まったく香ってこないのだ。
 Pacが自ら大きく関与したオリジナルに挑むコト自体が大変だとは思うが、この布陣で手掛けた"Happy Home"(「Until The End Of Time」収録)の仕事ぶりにも及んでいない出来映えとあっては…TRYしたコトさえ間違いだったのじゃなかろうか。
 そもそもRemix Versionを制作して発表するからには、オリジナルとは別の魅力を備えたTrackで生まれ変わらせてくれなければ意味は無い。
 そういう意味において、もしDeath Rowが手掛けた傑作2Pac Remixを聴きたい場合は「Death Row Greatest Hits」や「モア・ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ(日本編集盤)」に収録された"I Get Around RMX"をチェックした方が賢明だろう。
 あのRemix Versionを聴くだけの為でもそちらを購入した方が、「Nu-Mixx Klazzics」にお金をかける以上の価値と手応えがある。2Pac本人と往年のDeath Rowが手掛けた正真正銘のRemixだ。
 

>>> THUG LIFE   -- 2007/02/01-19:18..No.[137]
 
    このアルバムの意味があまり解りません。
というのも、普通のDJ REMIX CDの方が出来が全然イイと思いました。
たしかにジャケットはかなりカッコいいですネ〜♪
・・・あとはあまり取り柄がありません。。
あまり売れなかったのでは??
このアルバムを作る必要性はあったのか?
これを出すなら未発表の曲に力を入れて頂きたい所ですね。。
「Loyal To The Game」はペケでしたし・・・真剣に取り組んで欲しいですね。。
Pacが可哀想で仕方がありません。。
最近はダメですね。
まあPacの声とビートが聞ければ基本的には良いですけど>_<
辛いです。。
 

>>> ポセイドン   -- 2008/11/11-02:41..No.[190]
 
    結構前の話ですが、収集した2PACのアルバムもだんだん増えてきて、
西海岸のHIPHOPというものに興味を持ち始めた頃、
BOOK OFFで『DEATH ROW GREATEST HITS』を見つけました。
そこに収録されていたREMIXはいずれも最強でした。
ちなみにここに収録されているDEAR MAMAのREMIXは
聴いた瞬間身震いしたほど素敵でして…。

「DEATH ROW発のREMIXは最高!」

という公式が僕のなかで確立されました。
そしてある日、目に留まったのがコレ。
「DEATH ROW」の、「2PAC」の、「REMIX」集ですよ!
ジャケットもTHUGの香りがプンプンで、
金欠も何のその、速攻で購入。
浮き足立つ気分で家に飛んで帰り、プレーヤーにCDを入れ…。

この1〜2分後には光り輝いていた公式は崩れ落ちて灰になりました。

「DEATH ROWは確かに崩壊したんだな…」 
封を開けたにも関わらず、本気で返品を考えました。
「俺の食費を返せ!」と…。

以来REMIXというものに半端ない抵抗感を覚えるようになって、
それを克服するためには数年の時間を要しました。
世界中の、例え無名であっても、2PACを愛し、素敵な音楽を作るDJ達へ完全にケンカを売ってますねこの作品は。

なので、僕の食費とREMIXに抱いていた希望を完全に奪い去ったこの作品には★一つです。
 

投稿用フォームです

Name
Email
URL      
Comment
Ratings   アイコン一覧
Password     修正・削除に使用




>>>>>新規投稿は管理人以外出来ません
■修正・削除: 記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit(修正)又はdelete(削除)を選びupdateボタンを押下

No. Pass

はてなまん Ver0.581 Created by Tacky