ホームに戻る   記事一覧画面に戻る   レスを投稿   手引き


 ■-- 2Pac+Outlawz: Still I Rise
 >>>PPG   -- 2004/08/12-14:49..No.[9]
   

Track List:
Letter To The President, Still I Rise, Secretz Of War, Baby Don't Cry (Keep Ya Head Up II), As The World Turns, Black Jesuz, Homeboyz, Hell 4 A Hustler, High Speed, The Good Die Young, Killuminati, Teardrops and Closed Caskets, Tattoo Tears, U Can Be Touched, Y'All Don't Know Us
Record Company: Interscope Records
Released: December 21th, 1999 (069490413-2)




>>> chika   -- 2004/12/16-13:08..No.[37]
 
    思い入れも書いていいみたいなので、内容とはほぼ無関係なこと書きます。
まずこのアルバムは、私が初めて2PACとゆう作品を手にした、全ての始まりなんです。
この日を私はふたりの偶然と必然の運命の日と呼んでいます(私の中でだけなので許してください)…。
でも日にちはうろ覚え(-_-)
まず、その頃の私はHIPHOPとゆうものを全く知らないまっさらな状態とゆう事をおわかり戴いた上で以下お読みください。

そもそもPACを知ったのは、某CD屋の2PACのコーナーに、ダンボールにはっつけた紙にちょっとした紹介の文が書かれていて、それは「2PACこと本名トゥパック・アマル・シャクール〜ほにゃらら」みたいな感じで始まっていました。
そこで私は、学校の勉強で唯一世界史が大好きだったため、トゥパック・アマルってあのトゥパクアマル2世かな??と思い、フラフラ〜となんとなく棚に手をつけてみたところ、今度はその中にMAKAVELIの文字が!マキャベリ…!?一体この人何物?と思いつつ、まぁお遊びで買ってみるか〜。そんなノリで買ったんです。なのなのな♪でSTILL I RISEに決めました。

家に帰って帯をよく見てみると「凶弾に倒れ」の文字。あぁ、もう亡くなってるのか…トゥパクアマルも凄まじい死に方したもんな。そんな感想でした。

ここが、PPGさんを始め、PACの生前を知ってる方、生きてると思って聴いていて後で死を知った方との大きすぎる違いです。みなさんの、ショックなんて簡単な言葉じゃ言い表せない感情の事を思うと、私のこんな「ふぅん」みたいな感想を披露しない方がいいのかもしれません…ごめんなさい。

続けます。それで、いざライナーノーツを開けてみると、そこに出てきた文字にたまげました。
カダフィ、フセイン、カストロ、ナポレオン…
こ、この人達インカイタリアリビアイラクキューバフランス連合で何かやらかすつもりなのだろうか!?
そのメンバーを把握した矢先に始まった曲のタイトルが Letter To The President でですよ、あれ最初におどろおどろしい音をバックにディィーァミスタプレジデェンって始まるじゃないですか。
あのDear〜のとこがDaaaaaamnに聞こえたんです!
こーりゃえらいもん買ってしもうたぁぁ!!!!と冗談じゃなく本っ気でビビりまくったんです。
考えてみてください、ヒップホップのヒの字も知らない状態で聴いた一番最初がそれだったんです。

そんな私がこんなに今PACの事が大好きなんですから。今ではSNOOPの声もすっかり恐れずに聴けるようになりました。DREやSUGEの顔も直視できるようになったんですよ。
ホント、私みたいに全然聴いてなかった人にもPACを聴いてもらいたいんです。

余談ですが、OUTLAWZはあのメンバーの中にあってE.D.IとYoung Nobleが歴史上の人物からちょっと思いあたらないのですが、誰かモデルがいるんでしょーか?知ってる方いたら教えてくださいませ、お願いしますm(_ _)m
 

>>> PPG   -- 2004/12/16-15:01..No.[38]
 
    HipHopというモノを全く知らずに真っ新な状態で、いきなし2Pac+Outlawzと出会ってしまいビビリまくった状況がひしひしと感じられる程に絶妙で愉快なコメントを有り難うございますぅ(笑)。
こういう私的な思い出っていうか、当時の心境とかも交えてお話頂くのも非常に新鮮ですね。
さてさて、そのMakaveli & Outlawzですが…。
強烈な人物から名前をとった面々が揃っていますけど、確かにYoung Nobleは…そういったネーミングではないですねぇ。でも、実は他にもムッソリーニやホメイニまで一時居たりはしたんですよぉ。
あ、ちなみにEDIは…ウガンダの元大統領=Idi Amin Dada Oumeeから名付けられてます。
…というわけで、ちょっと今回の私はAlbum Impressionコメントとは違いますけど、下記に改めて『OUTLAWZ aka Outlaw Immortalz』メンバー(及び本名と出身)を列挙しておこうかと思います。

●EDI (Malcolm Greenidge) ; born in New York
●Kastro aka K-Dog (Katari Cox) ; born in New York
○Napoleon (Mutah Beale) ; born in New Jersey
□Kadafi (Yafeu Fula) ; born in New Jersey
□Fatal Hussein (Bruce Washington) ; born in New Jersey
■Young Noble aka Marbles (Rufus Cooper III) ; born in California
◇Storm (Donna Hunter)
△Big Syke aka Mussolini (Tyruss Himes) ; born in California
△Mopreme aka Komani (Maurice Harding) ; born in New York

塗りつぶされたマークが2004年現在もOutlawzとして活動中の三人です。
白抜きになっているマークが付いた面々は、独立してソロ活動中(FatalやNapoleon)だったり、故人(Kadafi)だったりと…メンバーから外れています。
●○といった丸印の三人は「Me Against The World」の頃はDramacydal名義で活動していました。
△マークのSykeやMopremeは、元々Thug Lifeメンバーですが、PacがDeath Rowに移籍した際に一時Outlawzに加わっていました。しかし、結局早々に各々の活動にシフトして現在に至っています。
紅一点で印象的なRapを聴かせていたStormは、その後育児に専念し、家庭を最優先させているようです。
他にも準メンバーも居たようですが…実際に発表された作品でしっかりと聴くコトの出来る面々だけに限って紹介させて頂きました。
 

>>> G.Q   -- 2007/02/13-18:59..No.[140]
 
    最近MIX CDやらアレンジされた新作アルバムを
聞いてばっかりだったので久しぶりにPLAYしましたが
改めてこのアルバムは素晴らしいですね。
原曲に若干手を加えたかたちで当時の雰囲気が
伝わってきますし全体的にまとまりがあると思います。
このアルバムの代表的な「BABY DON'T CRY」以外も
聴き応えのある曲ばかりです。
ただ初めて聴いたときはどこか寂しげな
印象を受けた記憶がありました。
曲の終盤に風が吹きぬける音や悲しげなピアノの旋律等…
聴きこんでゆくうちに全体的にfeatされている
Val youngの歌声と交わって心地良さに変わってきました。
07'現在2PACの死後発表されたアルバムのなかでは
安心感を持てる作品だと思います(あらゆる意味で…)。
Outlawzも2PACと一緒だとRAPが非常に上手く聴こえて
ソロ名義の作品や最近のアルバムより好感が持てます。
発売当時も事前の情報は無く(私だけだったかも…)
CD屋で陳列されたのを見て「え!?なんで売ってんの!?」
と驚いた記憶があります。

デスロウとアフェニ母さんの間で発売に際し
揉めたためろくにプロモーションもされず発売され
決して派手さはなく、現在主流のトラック、アルバムとは
全く違いますがこれが2PACの持ち味、真骨頂だと強く感じる作品です。

本当のファンに大切にされ愛される
未発表曲アルバムだったと思います。

 

>>> DSK   -- 2008/11/07-15:12..No.[169]
 
    HipHop全盛期は90年代、とはよく言われますが、99年にこのアルバムがリリースされたことを考えると、HipHop全盛期を締めくくるのにもっとも適したアルバムではないでしょうか。もちろん後付けですが。

個人的な意見として<Me Against The World - Vol.2>といった位置づけで非常に聴きやすいアルバムです。というかかなり良いです。アルバム全体が良すぎて最初"Baby Don't Cry"の良さに気づかなかったくらいです。大きく変更されたトラックもあまりないようで、オリジナルを元に作り直したものばかりです。
Outrawzのアルバムはあまり好みませんが、2pacと絡むとこうもかっこよくなってしまうんですね。そこまで影響力があるということなんでしょうか。

初っぱなからかなり禍々しいですが、めちゃくちゃかっこいいです。この"Letter To The President"のオリジナルは、ブートSINGLE「Happy Home」のカップリングとして収録されてますが、ほとんど大差ないです。むしろ少し良くなってるくらいです。重くエコーのかかった2Pacのラップが非常に良いですね。
"As The World Turns"のオリジナルが存在するのかはわかりませんが、多少手を加えていたとしてもこれは十分すぎるくらいかっこいいです。めずらしく淡々とラップする2Pacですが、滑舌の良さが妙に気持ちよくハマります。
恐怖感すら覚える"Hell 4 A Hustler"は、HipHopのトラックとはとても思えません。かなり好きですけど。2Pacも相当怒り狂ってますね。この曲のアウトロのラップも聴き応え十分。最初から最後までずっとキレてます。
マイクリレーというより言葉の掛け合いと言ったほうがしっくりくる"Teardrops and Closed Caskets"。オリジナルのトラックに少し手を加えてさらに良くなってます。しかもQDIIIプロデュース。Nate Doggのヴォーカルもかっこいいです。これのライブ映像なんかが残ってたらかなりヤバいんでしょうね。
さらに綺麗なトラックに仕上がった"The Good Die Young"。歌詞の内容はかなり切ないんですけどね。語りかけるようにラップしてます。バラード調の女性ヴォーカルも非常に綺麗。
"Tattoo Tears"がオリジナルのまま収録されなかったのは非常に残念ですが、他の曲が全て良すぎるのでアルバムとしてのクオリティはかなり高いです。"Tattoo Tears"も「これはこれでまぁまぁのRemixかな」と思えてしまいます。

ブックレットの写真の多さもファンとしてはうれしいところ。ハワイで撮った写真とかコワいですってば。それとKadafiって子供のころから整った顔してたんですね。個人的には"Hit 'Em Up"のみんなでじゃれ合ってる写真が一番のお気に入りです。
 

>>> J.T.B   -- 2008/11/11-14:57..No.[194]
 
    連日のレビュー連投で、何が目的かInu-Wan 'PPG'さん以外にもバレてきてそうですが許してください(笑。
さて何を書こうか…と思って見てたらchikaさんの思い出話で笑わせていただきました。できたらDSKさんやPPGさんのこういった思い出話も聞いてみたいですね。

なんて前置きが長くなりましたけど、肝心のこのアルバムの感想ですが
大好きです。
数あるPacのアルバムの中でも、す〜〜っとアルバム通して気持ちよく聴き通せる一枚ですね。割と私の大好物であるmellow路線が多いからなのかもしれませんが。

中でも
 Baby Don't Cry
 As The World Turns
 The Good Die Young
 Teardrops and Closed Cascket
この4曲はほんとにたまりません。

Baby Don't Cryからはほんと女性への敬意を感じますし、Pacの優しさがRapからも伝わってきます。恥ずかしながら、実は前の彼女が落ち込んでる時にCDやいてlyricsコピーして渡しました。。
PPGさん、日本語訳掲載ありがとうございます(笑
As The World Turnsはこの作品のOutlawsのRapの中で一番気に入っています。キレイなピアノラインも力強いRapと対照になっていて気持ちよいです。
Teardrops and Closed CascketのNate Doggの「あろぉぉぉん」の「ぉ」の響きがたまりません。
やっぱり良い仕事しますよね。

 

>>> Sunrise   -- 2010/02/23-21:36..No.[222]
 
    2PacとOutlawzとのコラボ作品。
学生のときに地元のCDShopで購入して愛聴していました。

あまりにも熱心に聞いていたために、当時付き合っていた彼女に
「つーぱっくと私、どっちが大事なのよ」と言われて
「そんなこと言わせてごめんね」
と100点満点の回答をした思い出があります。笑
手のひらを返したように機嫌が良くなりました。

「じゃあ、つーぱっく貸してよ」
と言われて、このアルバムを貸しました。

休日のある日、この娘のマンションに遊びにいきました。
掃除している彼女の後ろから聞こえてきたのは、
「Hell 4 A Hustler」笑

普段は倉木麻衣とか聞いていた
普通の女の子のかわいらしい部屋。
奥の開いた窓から春の微風とともに
Pacの狂うようなラップ。

そのミスマッチ感をいまも忘れられません。
ちなみに「この曲すきやねん」って言ってたのが
「Baby Don't Cry」です。

 

投稿用フォームです

Name
Email
URL      
Comment
Ratings   アイコン一覧
Password     修正・削除に使用




>>>>>新規投稿は管理人以外出来ません
■修正・削除: 記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit(修正)又はdelete(削除)を選びupdateボタンを押下

No. Pass

はてなまん Ver0.581 Created by Tacky