トゥパック、そしてマキャヴェリに対する飽くなき追求心を満たすには!?
このあたりを攻めてみては如何でしょう。

当サイトがオススメできる書籍や映像などの関連アイテムを徹底紹介!


Foreign Books: BEST BUY !!
Line


拡大
Tupac Shakur LEGACY
Atria Books (発), Jamal Joseph (著), Afeni Shakur (序)

「Tupac: Resurrection 1971-1996」や「Thru My Eyes」といったAmaru Entertainment公認書籍を発行してきたAtria Booksが出版したTupac公式バイオグラフィーとなる豪華箱入りアートブック。貴重な写真、近親者だけが知るエピソード、20以上にも及ぶ歌詞、詩、契約書、アルバム制作メモ、その他個人的記録(全て直筆)、インタビューCD[Tupac Speaks]などを収めたスリップケースのスクラップブックとなっており、まさに「ポータブル・ミュージアム」だ。



Tupac: Resurrection 1971-1996
Atria Books (発), Jacob Hoye and Karolyn Ali (編)

MTV FilmsとAMARU Entertainmentが制作したドキュメンタリー映画『Tupac: Resurrection』と連動したハードカバー書籍。映画本編は2Pacが過去のインタビューで語った自らの言葉によって物語を紡ぐという形式となっているが、同様に本書も本人のコメントを中心に構成されており、直筆のLyricやメモ、そして勿論貴重な写真も多数掲載されている。



Thru My Eyes:
Thoughts on Tupac Shakur in Pictures and Words

Atria Books (発), Gobi (著), Afeni Shakur (序)

"How Do U Want It", "2 of Americaz Most Wanted", "All About You", "Hit 'Em Up"などのビデオ・クリップを手掛けたProducer/Directorであり、2Pacと公私に渡る深い繋がりのあったGobiが出版したハード・カバー書籍。ビデオ・シューティングの合間を縫って撮影された貴重な未公開写真が多数収められており、2Pacが亡くなるまでの最後の8カ月間を写真と文章で綴った、ファン注目の一冊だ。



Tupac Amaru Shakur 1971-1996
Quincey Jones (著), the Editors of Vibe Magazine (編)

『VIBE』誌掲載のインタビュー記事を中心に撮りおろしのハイ・クオリティな写真で構成された必携書籍。2Pacファンなら一刻も早くゲットすべき一品だ。当初はハードカバーで出版されたが、現在はペーパーバックで購入できる。150ページ以上にわたる美麗写真満載の永久保存版です。



The Tupac Shakur Collection : Piano/Vocal/Chords
Warner Bros Pubns (発), Afeni Shakur (監)

Warner Bros. Publications/Universal Music Publishing Groupから発行された2Pacの楽譜集。もちろんAmaru Entertainment公認のオフィシャル・アイテムです。Califorania Love, Changes, Dear Mama, Do For Love, How Do U Want It, I Ain't Mad At Cha, Me Against The World, To Live & Die In L.A.等代表作を15曲掲載。



Tupac Books: BEST BUY !!
Line

コンクリートに咲いたバラ
トゥパック アマル・シャクール (著), Tupac Amaru Shakur (原著), 小野木 博子 (翻訳)

2Pac直筆詩集『The Rose That Grew From Concrete』が待望の日本語翻訳版で登場。18歳から20歳頃に書いた詩がまとめられている。母=アフェニによれば、息子の心と魂がよく映し出され、矛盾だらけの世界に直面し、それを受け入れる過程を表したものだという。ファンにとっても永遠の作品集です。



トゥパック・シャクール 音楽活動の軌跡 1989-1996
ジェイク・ブラウン (著), Jake Brown (原著), ハント・ヴェルク (翻訳)

2005年にColossus Booksから出版された『Tupac Shakur In The Studio』の日本語翻訳版。本書はトゥパック激動の人生や十年前に起きた悲劇の事件を追ったものではない。彼が人生の大半を過ごしたレコーディング・スタジオでの等身大の仕事に焦点をあてた創作リポートである。2Pacが最も信頼していたProducer=Johnny Jや、Thug Lifeのメンバーで盟友でもあったBig Sykeらの証言をもとに、2Pacのレコーディング技術や曲作り、音楽への姿勢などを明らかにした必読の書だ。



誰がラッパーを殺したのか?―ドラッグ、マネー&ドリームス
小林 雅明 (著)

麻薬が蔓延し暴力がはびこるストリートで生まれ、アメリカの音楽シーンを一変させたラップ・ミュージック。犯罪の温床と敵視されるなかで惨殺された伝説のラッパー、トゥパック・シャクール事件の背景にあるものは?ヒップホップ界の光と影を描き、アメリカ文化の暗部に迫る衝撃の問題作。



Machiavelli Books: BEST BUY !!
Line

90分でわかるマキアヴェリ
ポール ストラザーン (著), Paul Strathern (原著), 浅見 昇吾 (翻訳)

悪の権化か、忠実なる愛国者か?激動のルネッサンスを生き抜いた冷徹な政治理論家、そして哲学史上もっとも苛酷な現実主義者マキアヴェリの、真実の姿。2Pacが服役中に読んで感銘を受け、何度も読み返した『君主論』・・・そこでマキアヴェリは何を説いているのだろう。思想そのものが悪に染まっているのではない。リアリズムに徹しているのだ。それだけではない。人間というものの奥底にある隠された真実を探り出しているのである!これを読まずして2Pacの真意は理解できません。



マキアヴェッリ語録(文庫版)
塩野 七生 (著)

浅薄な倫理や道徳を排し、ひたすら現実の社会のみを直視した、中世イタリアの思想家・マキアヴェッリ。「マキアヴェッリズム」という言葉で知られる彼の思想の真髄を一冊にまとめた箴言集。生前の2Pacはこう語った。「マキアヴェッリはこう言ってる。人より抜きん出ようとせずに、人生をあるがままに生きるなんてのは、自分の人生を生きてることにならない。そんなのは愚か者だ、と」・・・捉え方如何によっては座右の銘にも成りうる名言の詰まったハンドブックです。



Tupac Documentaries: BEST BUY !!
Line

TUPAC: RESURRECTION [日本版DVD]
Amaru Entertainment / MTV Films / パラマウント ホーム エンタテインメント

“これは俺の物語。野望と暴力。罪の贖い。そして愛の物語だ。”――MTV FilmsとAMARU Entertainmentが制作した正規ドキュメンタリー映画(Paramount Pictures配給で2003年11月に全米劇場公開)のDVDで、2Pacファンは必見の作品。このドキュメンタリーは、2Pacが自らの劇的な一生を物語った作品である。ナレーションは全て彼自身の語りで綴られているのだ。世に論争を巻き起こしたArtist=2Pacの複雑な心の内は、彼の人生に迫ることで明らかになる。彼の生き様はリアルで、見るものの心を捉えるものだったことがきっと実感できるはずだ。



TUPAC SHAKUR: Thug Angel
- The Life of an Outlaw [日本版DVD]

Image Entertainment / QD3 Entertainment / デジタルサイト

2Pacのドキュメンタリーは様々な作品が発表されているが、内容や映像的にもファンにオススメできるビデオは少ない。しかし、Image Entertainmentから2002年に発表された「Thug Angel」(制作は2Pac作品でお馴染みのProducer=QD3)に関しては“知られざる2Pacの素顔”に迫ろうというスタンスが大いに評価できる。2Pacは勿論、Treach, Shock G, OutlawzそしてJohnny Jといった関係の深い面々によるインタビューや貴重な映像なども収められており、見応えのある仕上がりとなっている。日本語字幕版で隅々まで堪能してほしい愛情溢れるドキュメンタリー作品だ。



2-PAC 4-EVER [日本版DVD]
Concrete Treehouse / コロムビアミュージックエンタテインメント

Concrete Treehouseが2003年に制作発表したドキュメンタリーが、2Pacの没後十年にあたる2006年9月に日本語字幕版DVDでリリースされた。正味1時間のコンパクトなドキュメンタリーではあるが、ナレーションをKRS-Oneが務めている事から全編に説得力漲る佳作となっている。House Of Bluesにおけるライヴ映像やスタジオでの録音風景を散りばめつつ、Outlawzを筆頭にMyke Tyson, Lisa "Left Eye" Lopes, Too Short, Bizzy BoneそしてJon B.といった縁の深かった面々が2Pacの素顔や知性、優しさ溢れる人間性、そして彼がこの世で果たした使命を語ってくれる。



TUPAC SHAKUR: TUPAC VS. [日本版DVD]
Xenon Pictures / デジタルサイト

2Pacの死後、関係者の証言をもとに構成されたドキュメンタリーを次々制作してきたXenon Picturesだが必見作とは言い難いものが多い。しかし、「Tupac VS.」は、Death Row移籍前に獄中で行われた95年の2Pacインタビューが収録されている点が注目だ。THUG LIFEの意味、ブラックパンサーの影響、母=Afeniへの思い、Ghettoでの生活、Black Jesus、同胞達への愛、そして未来への希望を長時間に渡って語り尽くしている。ドキュメンタリー本編の流れも時代背景を絡めた構成でしっかり展開されているので、良質のドキュメンタリーといえるだろう。



BIGGIE & TUPAC Moviehouse Entertainment / ユニバーサルインターナショナル
TUPAC SHAKUR: BEFORE I WAKE Xenon Pictures / デジタルサイト

2Pac襲撃射殺事件に焦点をあてたドキュメンタリー作品としては、この2本が日本語字幕版でDVD化されている。2Pacが銃撃される当日の様子や事件の背後に潜む部分に迫ったドキュメンタリーとしては興味深いのだが、2Pacの映像自体を期待して観ると物足りなさを感じるだろう。



Tupac Videos: BEST BUY !!
Line

TUPAC : Live at the House of Blues [日本版DVD]
Eagle Rock Entertainment / Death Row Records / ハンドカッツレコード

2Pac生前最後のステージとなったライヴ映像を収めたDVD。凶弾に倒れる直前の96年7月4日に行われたHouse Of Bluesでのライヴを完全収録しており、全盛期Death Row Recordsの主要Artistが総出演するエキサイティングなレーベル・ショウケースで強烈なオーラを放つ2Pacのエネルギッシュなステージングは必見といえよう。音源自体はDeath Row RecordsからCD「2Pac: Live」として既に発表されているが、貴重な正規映像リリースは大いに価値がある。さらに特典映像の一つである"How Do You Want It"のビデオ・クリップは初のお披露目といえる未公開ヴァージョンだ。

Includes: Ambitionz Az A Ridah, So Many Tears, Troublesome, Hit 'Em Up, Tattoo Tears, All About You, Never Call U Bitch Again, Freek'n You (Feat. K-Ci & JoJo), How Do You Want It (Feat. K-Ci & JoJo), 2 Of Amerikaz Most Wanted... and Tha Dogg Pound (Snoop Dogg, Kurupt, Daz & Nate Dogg) Live Performance!!
Bonus Features [Music Video]: California Love (Remix), To Live and Die In L.A., Hit 'Em Up, How Do You Want It (Concert Version), I Ain't Mad At Cha




TUPAC : Live at Club662 Las Vegas [日本版DVD]
Eagle Rock Entertainment / Death Row Records / ハンドカッツレコード

2Pac究極のライヴ映像発掘第2弾DVD。Death Row Recordsのオーナー=Suge Knightの保釈金によって出所した2Pacは、早速「All Eyez On Me」の制作に取り掛かり、95年11月5日にClub 662で行われた[Dogg Food Release Party]のステージに立っている。これは当時Death Row最新作として発表されたTha Dogg Poundのアルバム・リリース・パーティーで、Big SykeやMopreme、Outlawzらを従えたパフォーマンスを披露していた。Tha Dogg Poundのライヴ映像も完全収録しており、Death Row前線基地であったClub 662で行われた熱気溢れるステージが存分に楽しめる。ステージ脇から撮影した臨場感溢れる生々しい別アングル映像まで収録。

Includes: Ambitionz Az A Ridah, When We Ride, So Many Tears, All About You (Feat. Nate Dogg), California Love... and Tha Dogg Pound (Daz & Kurupt) Live Performance!!
Bonus Features: Reprise, Kurupt Free style, Alternate Angle




DEATH ROW - UNCUT [日本版DVD]
Death Row Records / Suge Knight Films LLC. / ナウオンメディア

Death Row Records最盛期に所属していたDr. Dre, Snoop Doggy Dogg, Tha Dogg Poundらのプロモ・クリップを中心とした映像がギッシリ詰まったスペシャルDVD。勿論2Pacもたっぷり収録。"Hit 'Em Up", "How Do U Want It", "2 Of Amerikaz Most Wanted", "Toss It Up"といったビデオ映像や、"Dear Mama", "California Love", "So Many Tears"のライヴ・パフォーマンスも観ることが出来る。Death Row時代の2Pac正規映像集として欠かせないアイテムといえよう。



MUSIC VIDEOS ON DVD: 2PAC [DVD]
Music Videos Anaheim (Unofficial DVD) ※日本国内用DVDプレーヤー再生可能

2Pacの主なプロモ・クリップで編集された非公式DVD。以前も米国では12曲入りの「THE BEST OF 2PAC」という非公式DVDが出回っていたが、その拡大改訂版というところか。「2Pacalypse Now」から「Better Dayz」に至る名曲の数々から抜粋収録(約90分)。非公式アイテムだけあって画質/音質共にベストなものではないが、彼のミュージックビデオを手軽に観るには便利なDVDであろう。

If My Homie Calls, Holler If Ya Hear Me, I Get Around, Papa'z Song, Dear Mama, So Many Tears, Temptations, California Love, How Do U Want It, Hit 'Em Up, Wussup With The Love, I Ain't Mad At Cha, Toss It Up, To Live & Die in L.A., Hail Mary, Made Niggaz, Do For Love, All About U, Baby Don't Cry, Thugz Mansion...etc.

>>Check & Order Now !! 千葉県千葉市 COMMON WEALTH にて取扱中(通販可)


Tupac Movies: BEST BUY !!
Line

グリッドロック/GRIDLOCK'd[日本版DVD]
ヴォンディ・カーティス・ホール (監督), ティム・ロス (共演)

渋滞した日常から抜け出せ!絶妙のコンビネーションで描く、最高にクールなバディ・ムーヴィーの快作!――「この役柄は今まで自分が演じてきた黒人のステレオタイプではなく、自分のパブリック・イメージである怒り、悲しみや暴力的な面を強調したキャラクターでもない。自分の素に近い人物だ」とトゥパック自らが語っていた必見作。



ギャングシティ/GANG RELATED[日本版DVD]
ジム・コーフ (監督), ジェームス・ベルーシ (共演)

この街では、権力さえも悪に染まらずにはいられない。みずからが仕掛けた罠にはまりこむ男たち。最後に笑うのは誰だ?予測不可能!危険なゲームが幕を開ける。――メイキング・インタビューを含む映像特典が付いたトゥパックの遺作映画をぜひDVDで。



ジュース/JUICE Ernest Dickerson (監督), Omar Epps (共演)
ポエティック・ジャスティス/POETIC JUSTICE
 John Singleton (監督), Janet Jackson (共演)

ビート・オブ・ダンク/ABOVE THE RIM Jeff Pollack (監督), Duane Martin (共演)
ハード・ブレット/BULLET Julien Temple (監督), Mickey Rourke (共演)

2Pac出演映画の上記4作は、残念ながら日本版DVD化されておりません(「ジュース」や「ポエティック・ジャスティス」は日本語字幕版LD化・廃盤)。しかし、いずれの作品も日本版VHSでリリース(販売分は絶版)されておりますので、レンタルビデオ店でお尋ねください。



Fu@kin' Books: DIE SLOW !!
Line

DROP THE BOMB!!―ソウル・ママの快読!ブラック・ミュージック講座
泉山 真奈美 (著)

こんなにもブラック・ミュージックとブラック・カルチャーへの嫌悪と断罪に満ちた評論集があっただろうか。ヒップ・ホップ、R&B、ソウル、そしてすべての音楽ファンにとてもオススメできない、最悪のブラック・ミュージック読本。これだけは間違っても購入しないでください。しかし、機会がありましたらぜひ一度立ち読みをどうぞ。そして2Pacへの罵詈雑言をご確認ください。日本盤「2Pac Greatest Hits」解説ライナー以上の暴走ぶりは激怒必至です。

>>Browsing & Getting Hit !!


アフリカン・アメリカン スラング辞典
泉山 真奈美 (著)

仕事を選ばないくせに悪態ばかりついてる、まるでタチの悪いBit@hみたいな[自称Soul Sis]ですが・・・一応敬意を表して一冊ご紹介しましょう。ラップの詞に頻繁に登場するスラング、アフリカン・アメリカンの間で話されているスラングを中心にまとめた辞典だそうです。スラングの意味を理解するにはそれなりに参考になる本ですが、面識も殆どない人に向かって馴れ馴れしく"Yo, what's up?"などと日本人がいきなり使うべきではありませんね。







Copyright (C) 2Pac Japan.net - the unofficial Tupac Website. All Right Reserved.